うめや本舗ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
午前11時から「ばらずしで丹後をつなぐ会」主催の「ばらずし体験と試食」には、遠くは大阪からの家族連れも含め、定員36名の満員御礼でスタートしました^^私は大きな声で説明のスピーカー役です(笑)
20121125 a (12)<
まずは、錦糸玉子と鯖缶からおぼろ作りです^^
20121125 a (10)
具材が揃ったら、具材を彩りよく敷き詰めていきます^^子供たちも楽しく参加しています。
20121125 a (8)
地元のばらずし作りのベテランさんもは~~いいただきます^^
20121125 a (14)
昼からは、ばらずしお披露目会
当店は「旬を嗜む」で今が旬のこっぺ乗せばらずしと「全国に広がれ!」東北版で宮城県さんのひとめぼれ米と青森県産の鯖缶で作ったばらずし、三つ目は会席プランにどうぞ^^など、それとばらずし専用皿に書かれた絵柄は丹後地方ゆかりの細川ガラシャと花言葉が「幸運を招く」の福寿草・・・
20121125 a (18)他の各お店も美味しそうなばらずしがたくさん披露されました^^
20121125 a (21)
当店のプレゼン・・・
20121125 a (27)
そのあとは、ばらずしで丹後をつなぐ会のメンバーで記念撮影です^^
20121125 a (37)
2時からは、山田京都府知事さんが来られ、ばらずしつくり体験の際に、道具セットの説明をさせていただきました。
コピー ~ 20121125 a (42)
そして丹後を代表する女性陣と楽しく昼食です^^
20121125 a (47)
最後の、和い和いミーティングでは丹後を元気にしよう~!そんな考えを熱く語られました^^
20121125 a (53)
スポンサーサイト
島根県から北陸地方の日本海側で11月6日にズワイガニ漁が解禁になりました。早速鮮魚店で丹後ではコッペ、共通語はセコガニ(メス)を買って、丹後ばらずしを作ってみました。このように・・・
丹後ばらずしは四季折々の食材を使って楽しく・・美味しく・・召し上がっていただける丹後の郷土食ですね^^

[広告] VPS
身近に浦島伝説の数多く残る丹後地域は、昔から産業では丹後ちりめん、郷土食では「丹後ばらずし」が有名です。
今回は丹後の郷土食「丹後ばらずし」をより丹後らしく、そしてちょっと粋におもてなし風に、うめや本舗の「丹後ばらずしセットと道具セット」を使って表現して見ました。
朱色(丹色)の風呂敷を解くと玉手箱のような新しいまつぶたが現れ、その玉手箱の蓋を開けると、色鮮やかでおいしそうな「丹後ばらずし」が姿を見せます。そしてヘラを使って正方形に切り分けし盛り付けるのも「丹後ばらずし」ならではの特徴です。
今でも「丹後ばらずし」はそれぞれの各家庭の味で受け継がれ、ハレの日のご馳走として地元をはじめ丹後に馴染みの人達に愛され続けている郷土料理です。
こんなふうに丹後にお越しのお客様のおもてなしに「丹後ばらずし会席」ってプランはどうでしょうか?

[広告] VPS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。