うめや本舗ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
あじわいの郷のばらずし体験での展示用に、我が家でおひな様用のばらずしを作ってい行きました^^
菱形の枠は100円ショップで買った薄いまな板をカッターで長方形に切りテープで繋ぎました。
コピー ~ 20130217 (1)
完成後に枠を外せば、1段目は古代米のピンク色の酢飯、2段目は白米の酢飯、3段目は具材を敷き詰め・・完成です\(^o^)/
コピー ~ 20130217 (50)
おひなさんの飾りと、桃の花、で抜群のロケイション\(^^@)/
コピー ~ 20130217 (36)
体験工房では、ばらずし作りも始まりました^^参加者は満員の36名です!
コピー ~ 20130217 (46)
合せ酢で酢飯を作り・・・
20130217 (41)
枠の中に敷き詰めていき・・・
20130217 (40)
鯛せんべい汁と一緒に、は~~い♪いただきま~~す(^-^)
コピー ~ 20130217 (48)


終了後は、昼から第2部、地元の海藻あかもくの料理体験に飛び込み参加してきました^^
とろみがあり、歯ごたえのいい、酢の物、佃煮に適した海藻でした。
20130217 (54)
スポンサーサイト
1300年前、この地から平城京に献米された古代米が・・・・芋野郷 赤米保存会によって今!蘇る。
コピー ~ 20130210 (11)
その献米の木簡は鮮明に平城京跡から出土した・・・中央の書はその写と左は木簡レプリカです。
右は古代米の黒米、赤米、もち米の入った「丹後ばらずし専用米」
コピー (2) ~ 20130214 (16)
そして「古代米入り丹後ばらずしセット」が完成^^
コピー ~ 20130214 (29)
おめでたいハレの日にふさわし~ピンク色の酢飯になります(^-^)
お酢を加えることにより食感も味も美味しいです^^
コピー ~ 20130207 (14)
新ラインナップはこの4アイテムです(^-^)
20130215 (1)
芋野郷 赤米保存会 藤村会長より丹後の古代米の赤米と黒米を分けて頂き、
コピー ~ 20130207 (1)
別々に炊いてみた・・左は赤米、右は黒米
コピー ~ 20130207 (6)
炊き上がってから両者を混ぜた酢飯が左、黒米のみの酢飯が右
コピー ~ 20130207 (13)
画像を大きくすると、こちらが古代米(赤米と黒米)
コピー ~ 20130207 (23)
画像を大きくすると、こちらが古代米(黒米のみ)
コピー ~ 20130207 (20)
果たして評価は・・・・
どちらも10%しか入れていないので味の違いは感じないが、
黒米の食感は赤米に比べて柔らかく時々歯で噛む感じが非常にいい^^
しかし黒米だけだと少し酢飯の色が濃い・・・
比率を7:3位の混合で炊くか?別々に炊いて後から混ぜるか?
いずれにしても、古代米丹後ばらずしは、これマジいけそうです(^-^)

会費2000円を持ち寄り、主に蕎麦の打ちたてを食べて月に一度の例会をする2000円の会です^^
コピー ~ 20130201 (17)
今月のテーマは、天然のブリシャブとにぎり寿司!丹後ばらずしはおまけ?
コピー ~ 20130201 (18)
ミズガニのシーズンにもなったのでドッサリと大盤振る舞い(*^-^)ニコ
コピー ~ 20130201 (16)
今回のお客様は橋本家族、震災後に福島県から丹後に来られてます。
コピー ~ 20130201 (26)
蕎麦を腹いっぱい食べた後に、ブリシャブを振る舞う新井会長(*^-^)ニコ
コピー ~ 20130201 (30)
ミズガニは安い割には、身が詰まっています^^余り大きくない方が身のつまりが良いそうです(*^-^)ニコ
コピー ~ 20130201 (39)
今年初めての例会で、今回は会費3000円也!地元の公民館を使用してるので、用意と片付け自前^^それでお安く上がるんです~\(^-^)/
コピー ~ 20130201 (36)
ええ年したおっさん達の料理教室みたいなもんです^^
自分で料理して、準備して、食って、飲んで、自分で洗いものして、片付けて、・・・日頃の奥様の苦労を体験し、感謝の気持ちを感じて各家庭に帰る・・・・そんな意義のある2000円の会なんです(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。